TODAX
ご挨拶 会社案内 不動産 リフォーム 管工事 リクルート リンク
創業者ご挨拶01
ご挨拶 プロフィール 戸田語録 掲載記事一覧 講演一覧 ご挨拶02
RSS 1.0 RSS

戸田語録

-

退職1年目を迎えて会社行事に参加:42期経営計画発表会参加

早いもので新社長に経営を譲り1年目の歳月が経ちました。新社長になり組織も役割も大部変わった会社を新顧問の立場で42期経営計画発表会に参加しました。私は動機不順で創業した会社を地域オンリーワンの会社に育てて頂いたお客様、従業員そして地域の皆様に素晴らしい会社として永遠に成長し続けてもらいたいと思い5年ぐらい前から事業継承の準備をしてきました。継承することは何の心配はありませんでしたが、ワンマン経営の中で働いてきた従業員が若い新社長の経営方針や考え方に素直に着いて行ってくれるかが気がかりでした。41期の決算報告し私は自ら無給の非常勤顧問となりました。新米組織が会社を動かし始めて1年を迎えた頃、名ばかりの役員で役割の業務が出来ていないように私には感じられました。思った通りで期末近くになると社内に露呈し始めました。これも勉強だと私は口には出さずにいましたが、私の人生の右腕であり現役バリバリの代表取締役会長(女房)が即役員を集めて厳しい訓示をして素直な役員達は何とか決算日までには修復を図り一安心しました。私は非常勤顧問として社員教育と組織運営の健全化、そして営業相談を引き受けて1年が経ちました。まだまだ創業者の経営の思いとトダックスフィロソフィーの学びが出来ていないことに反省し、もう会社に顔を出さなくても良いよと言われるまで頑張る覚悟です。「有難い事です」42期経営計画発表会は懇親会を含め順調に進行され、全従業員と素晴らしい時間を共有出来ました。因みに決算目標の結果は経常利益6,5%と売上9億6千万円で目標は達成出来ず、合格点に程遠い結果でした。でも私らしくないとも思いながら、新米社長や役員そして社員が1年間だれにも負けない努力をして頑張ったことを称え素直に褒めてあげました。その分来期は厳しく評価し成果配分をする様助言しました。


コメントはこちらコメント0件(コメントをお待ちしています) 平成27年9月1日
LINEで送る

負けん気が本気になった時:盛和塾との出会いで心の持ち方変化した。

実の母が一昨年他界してから暫く戸田語録の筆を執るのを止めていました。少ない身内の別れは多くの人生の思いや出来事を修正しなくてはいけなくなり、家族とか家系とかで悩み考えてきた2年間であった。そして幾つ先がいつもの口癖である「過去は変わらない」がやっと私の心に落とし込まれた今日この頃である。そして昨年の決算期で創業会社を完全退職しました。同時に私が社長を務める資産運用会社トダコーポレーション株式会社に株式会社トダックスの全株式を譲渡し完全子会社化しました。トダックスでの身分を非常勤顧問とし経営から完全に身を引き、後継者に経営を任せることにしました。任せたものの身近で経営を見ているとハラハラドキドキのしずめですが、これも人生と思い時々口出しながらバトンタッチをしています。私の育ててきた会社は人から見ればささやかな会社でと思うでしょうが、私にとっては、本当に素晴らしい会社に育ってくれた世界で一番大好きな会社です。ヤンチャな私がここまで来られたのも多くのお客様の理解と友人達、全社員と退職した社員の人達の協力の御蔭だと感謝しています。もう一つの忘れては成らない出会いは、貧困と縁遠い地に生まれ金持ちになりたくて負けん気だけで遠まわりばかり繰り返してきた会社経営を稲盛塾長と多くのソウルメイトに人生の生き方の一番必要なことを教え導いて頂きました。会社経営では稲盛塾長の教えである「フィロソフィーを数値に置き換える」を社員と共有を図り毎日徹底した落とし込みをし始めたら、少しずつ会社の経営も好転し始めていきました。常に行動を起こすとき「動機が善」であることから始めるように心掛け業務を続けています。そうしたことで「金持ちになりたい」と言う強い負けん気の先に「本気」があることに気づきました。本気になることは真理を知る、つまり正道を歩けと言う教えで、必ず良い結果が出ると言う事が理解で来ました。

コメントはこちらコメント0件(コメントをお待ちしています) 平成27年5月7日
LINEで送る

何も感じない実母の死:いつか感謝する時が来ると思う

2013年6月19日早朝、母が享年91歳で亡くなりました。私も今年で65歳を向かえ、現在に至るまで多くのお葬式に参加をさせて頂きました。その度に縁遠い私は、実の母の葬式だけは立派に上げてやろうと思い描いて来ました。今回母が亡くなりお葬式の準備に入ろうとするとそう甘くはありませんでした。私の家系は複雑で母が生活する家族から見た私の立場は戸田家から出た一人の男でした。私の正確な続柄は養子の二男の様でお葬式の喪主は、現在の家族の長男が仕切り、今の家族が中心に式の準備を行うことになり、株式会社代表取締役戸田直員の母としてのお葬式を上げてやれる事が出来ず、取引先や友人に隠すのに多くのエネルギーを使いました。縁遠く純粋な母親がこの世を去る時ぐらいは、私が65歳まで頑張って生きて来た証になる様な立派なお葬式をしたかった。普段から社員や家族に「どんな親でも親は親、親を大事しろ」と言ってきた私が、母親の葬式を自分の満足のいく様に出来なかったことに情けなく思いました。そして親戚の一人としてのお葬儀式への参加は夢遊病者のよう時間を過ごしました。母は63年連れ添った主人に別れを告げ、一年間しか過ごさなかった私の父の眠るお墓に眠ることになりました。親父は私の生まれる前に亡くなり、私は複雑な家庭環境に中学卒業まで育ち、その辛い経験から親父を憎み、ある時期までお墓参りには数えるほどしか行きませんでした。その様な私に神様は49歳の時死と向き合う様な大病をいただき、やっと親父への感謝の気持ちが理解でき、その後毎月お墓参りをして来ました。今回母が現在の主人と別れ、親父の眠るお墓に入る事に私の心の整理は出来ていません。しかし親父を理解した時の様に、きっと母親の人生も理解する時が来ると信じています。そしてこの経験を生かし家族愛に満ちた素晴らしい戸田一族にしたいと思いました。

コメントはこちらコメント0件(コメントをお待ちしています) 平成25年6月24日
LINEで送る

-
会社住所・TEL
-copyright(C) -2005 TODAX CO.,LTD ALL Right Reserved.
トダックストップページ トダックストップページ トダックスにメール